国際タイカービングアカデミー สถาบันส่งเสริมแกะสลักไทยนานาชาติ

ソムシー花岡会長 ご挨拶

ご挨拶

タイカービングはタイの食文化の豊かさと美的水準の高さを表す代表的な工芸品の一つだと思います。発祥は王宮内の宮廷料理ですが、一般家庭のおもてなしの席にまで浸透し、義務教育課程の一つに取り入れられるほどタイの生活に欠かせない伝統美です。学生時代日本への留学の際に日本人の方々にタイの伝統美を紹介し期待以上に喜んでいただけたのがきっかけとなり卒業してからも多くの方々にタイの伝統芸美をご指導することをライフワークとしてきました。タイ伝統芸能を通じて多くの方々と交友の和が広がればこれに勝る喜びはありません。

1966年4月1日タイ南部(ナコンシータマラート)出身。タイ国立芸術アカデミーでタイの伝統文化を学び1986年日本留学。1995年にタイ国文部省から認定を受け、学校ITDA(International Thai Dance Academy―タイ バンコクを設立する。留学の経験を生かし日本人を指導中カービンク教室開設の要望を受けITDA内にカービング教室を併設。現在、タイカービングとタイ舞踊タイ文化を通して日本とタイ国との交流の掛け橋の一翼を担うべく様々な活動に従事する。

リンク:外務省ホームページ『日タイ修好120周年』日本で活躍するタイ人インタビュー記事

©ITDACARVING.JP
ページ上部へ